弁護士に相談してスッキリした

交通事故にあった時には、それだけでとてもダメージを受けることになります。またその後にもダメージを受けることもあり、それについても困っていました。困っていたのは、向こうの保険会社の対応です。私の場合は、バイクで車とぶつかり向こうの不注意ということでした。そのため、しっかりと保証をして欲しいと思ったのですが対応として納得することができませんでした。 まずは、電話の対応として何となくこちらも悪いので、という感じで話を進めてくるのです。ケガをしているのに、それはないと思いました。気持ちがふさぎ込んでいるのに、不誠実な態度に本当に腹がたったのです。そのことがなかったら、相手の人はとてもいい感じで対応してくれたので弁護士に相談することもなかったと思います。 しかしこれは、納得できないと思ったので弁護士に相談をすることにしました。すると、保証金についてかなり少ないことがわかったのです。保険会社のいう通りになっていたら、私はとても損をするところでした。 弁護士に相談をしたことにより、何と数倍の保証金にすることになったのです。素人の対応では、保険会社のプロにやり込められてしまいます。それは本当に辛いことです。向こうはプロなので、私の話すことについてひっくり返すことは平気です。その時、弁護士の対応によりこんなに変わるのだと思い、びっくりしているところです。辛い思いをしている人は、是非相談することをオススメします。

相手側が保険に入っておらず、裁判沙汰になりました。

片側2車線の道路で、先頭で信号待ちをしていたときのこと。 青信号になり、出発しようとブレーキを離した瞬間、隣の車線のななめ後ろを走っていた車に左から衝突されました。 道が少し右カーブしていたところだったため、ハンドル操作をあやまって私の車線に寄りすぎたための衝突でした。 しかし、相手はそのまま逃走。しばらく追いかけたところ赤信号でやっと止まってくれました。 警察に連絡しようと説得しますが、相手はお互い傷ついていないからの一点張り。 ちょうど警察署が数メートル先にあったので、とりあえず警察署まで行かせてくださいとお願いし、警察署にいきました。 その後、警察の方が実証検問した結果、私の車に傷があることを認めてくれました。 しかし、相手の方は免許不携帯、車の名義も他人から譲り受けたもので、名義変更もされておらずましてや無保険でした。 修理代を払ってほしいとお願いしましたが、いっこうに応じることはなく、相手が保険に入っていないから私の保険屋さんも対応できないとのことで、弁護士をたてて話し合いをすることになりました。 何度か弁護士の方が話し合ってくれましたが、向こうも弁護士をたてたいと主張し、受け入れ待っていても弁護士をつけることなく、色々理由をつけて話し合いを逃れていました。 結局1年の月日がたち、その間私は何回も弁護士事務所に足を運び弁護士さんと話し合いをする日々。 その後もいっこうに応じる気配がなかったので、最終手段として、裁判所で争うことになりました。 約束の日にお互い出廷する予定でしたが、当日の1時間前になって、相手の方がやっと自分の過失を認め、数ヶ月に分けて分割で修理代を払ってくれることが決まりました。 交通事故にあって、修理代を払ってもらえるまで1年半の月日がかかりました。 1年半もの間、ずっと運転も怖かったし仕事をしながら弁護士さんとの話し合いも、裁判への出廷もどれも多大なる負担でした。 もう二度とこのようなことにはあいたくないと思った交通事故でした。

高速道路で当て逃げされました

3年前、高速道路を走っていると後ろから蛇行運転をしている車が近づいてくるのがバックミラーで確認できました。なんだか気持ち悪い車だな……と思いながらも、いつもどおり運転していると猛スピードのその車が私の車の左側に接触。私のミラーは吹っ飛んでいき、車も弾き飛ばされるようにして路肩の方へ。ところがぶつかった車はそのまま追い越し車線に入り、目にもとまらぬ速さで逃げて行ってしまいました。 大ショックのまま車を停車させ、保険会社や警察などに電話。私はドライブレコーダーをつけていて、相手車のナンバーがばっちり写っていたので被害届を提出し、後日警察とともに現場検証を行いました。相手の方はまさかの学校の教頭先生で、事故当日は娘の結婚式で急いでおり、ぶつかったことにも気づかなかったと言われました。 挙句の果てにはぶつかっていないんじゃないかとか、私の車を指さして本当に自己の傷なの?ドラレコにはあなたの車は写らないんだし、傷なんて何とでもできるよね?とか。もうほんとにびっくりしました。怒りを通り越して、真顔でそんなことが言える相手の方に恐怖さえ覚えました。そのときは警察の方も少し怒り気味で「傷の位置が一致しているので接触してますよ」とその方を窘めてくれましたが、私の恐怖の不安は大的中。お互いの連絡先を交換し、あとは保険会社同士でやりとりをするはずだったのになんとその方から電話がかかってきたんです。 初めは「けがはしていないか」とか「本当に覚えていなかった」とか、謝罪しているのか言い訳しているのかよくわからない電話でしたが、そこからどんどんエスカレートしていき、1日に5回以上電話が鳴らされる羽目に。最後には向こうの奥さんが出てきて「うちの旦那が当て逃げするはずがない!」とか「お前は本当はうちの旦那の不倫相手で嫌がらせでぶつけてきたんじゃないのか!?」とか意味の分からなかい因縁もつけられ始めて本当に恐怖しかなかったです。 保険会社に相談し、すぐに弁護士費用の特約を使って弁護士を入れてもらいました。 弁護士が一手に窓口を引き受けてくれたことが功を奏し、向こうからの嫌がらせの電話もぴたっとおさまりました。本当に安心しました。 そして示談に関しても、保険会社が提示していた慰謝料よりも多い金額を払ってもらえたりと大満足です。 タチの悪い相手と事故をしてしまった際は、弁護士に依頼することを強くお勧めします!

自転車のわたしと、車の扉から出てきた奥様

わたしは車道をいつものように何事もなく自転車で漕いでいました。 ただ単に、目的地に向かっていただけです。 いつものことであったので、まったく何も考えず、止まっている車の横を通った瞬間、車の扉が開き、わたしはその車の扉につっこんでいきました。 一瞬の出来事だったので、訳がわかりませんでしたが、自転車からわたしは落ちて、擦り傷と打撲の怪我をしました。 扉を開けた女性はすぐわたしに駆け寄り、心配してくださいました。 わたしも痛みはあったものの、大丈夫ですと答え、警察を呼ぶことになりました。 わたしはただ車道を走っていただけであったので、なにも過失はありませんでした。 扉を開けた女性も後ろを確認せずに扉を開けてしまったと反省し、何度も謝ってくださったので、すぐ警察はお帰りになられました。 事故から数日後、打撲した背中と腰がとても痛み、病院に行くことになりました。 病院に通えば通うほど保険金がおりるときいて、友達には通いまくった方がいいよと勧められました。 とくに保険金目当てではなかったのですが、そう言われると本当に痛みはあったので病院にいくついでに、お金がついてくるのはラッキーだなという気持ちでした。 病院に通い、痛みがなくなった頃、相手の保険会社から保険金の案内が来ましたが、いまいち少なく感じました。 そして、たまたま弁護士特約に入っていたため、保険金の金額について相談しました。 弁護士を通すだけで、値段がびっくりするくらい上がると聞いたからです。 弁護士に金額をつたえ、あとはお任せしてしまいましたが、弁護士特約をつかっただけで、保険金は倍になりました。 弁護士特約にはいっていて、こんなに喜びがあるとは思いませんでした。

国選弁護士がついて…

交通事故を起こしたのは私が右折禁止の道路に侵入し、直進する車が衝突したためです。相手は直進で本道なのでこちらに非がありました。事故後拘留されましたが、事故を起こしたのは年末で方々の会社などが休みに入っておりました。そのような状況が重なり私には国選弁護士がつくことになりました。釈放後弁護士事務所に行き、これからの予定とその他いろいろアドバイスを受けました。内容は、まず怪我をされ入院されているお相手の方に対するお見舞い。そして情状酌量の一筆を頂くことです。お相手の病院と連絡を取りお見舞いに行きました。事故の過失割合が決まっていないので必要以上に謝罪しないように言われていましたが、事故に関してはこちらに非があること、私は怪我をしておらず、お相手の方が怪我をしてしまったことがありましてお見舞いと謝罪をしました。後日もう一度お見舞いに伺いました。そして国選弁護士の方から情状酌量の一筆の依頼をしてもらい、怪我をされたお相手の方も一筆書いてくださいました。国選弁護士の方が言うには、裁判までに必要な書類はそろったのでこれで何も問題はないでしょうとのことでした。そういわれるとこちらとしてはあとは待つのみ。裁判当日、淡々と進みましたが判決では私に実刑がついてしまいました。(もちろん執行猶予はつきました)国選弁護士の方はびっくりした表情をしており、びっくりしたのはこっちだよと思いました。反省点としては、年末休暇が重なってしまいましたが私選弁護士を雇うべきだったことです。国選弁護士は事務的にしか仕事をしないのではないかと思いました。とにかくお金をかけて私選弁護士にしっかりと依頼すること。これが基本だと勉強になりました。

さすが弁護士

交通事故に遭遇する確率は意外に高い知人、何度も被害者となる痛い体験をしています。そのたびに交通事故を得意にする弁護士事務所を利用しているといいます。自分だけで示談交渉をするのでは、時間がかかったり、納得できる示談金が受け取れないことを知っているからです。弁護士に相談するだけで、示談金は1割以上も変わってきます。相談を受けた弁護士が、相手方の保険会社が提示した内容を検討してくれました。それによって、相手方の保険会社が提示した入通院慰謝料の金額が、少し低いことを指摘してくれたようです。これも素人目には分からない部分だと思います。目安金額というものがないからです。どんな交通事故に遭遇したのか、被害者のケガの有無や加害者の任意保険加入の有無などによって様々、ひとりひとりで示談金の金額は違うので、知り合いも交渉をされたときに、その金額が妥当なのかの判断が付かなかったといいます。弁護士に相談した結果、交渉次第で増額が見込めると口にしてくれたようで、第一関門をとりあえずクリアした気分になれたそうです。弁護士から見解を説明されるようで、そこで本依頼(委任契約)をするかを知り合いに委ねたようです。交通事故示談の委任契約を交わした後からは、弁護士がすぐに相手方の保険会社との連絡をとってくれています。弁護士が介入したことを通知で知らせ、さらに弁護士が計算をした請求額を示してくれました。相手方の保険会社の提示額は入通院慰謝料として素人目からすると満足はいかないものの、妥当な金額とも思えたようです。弁護士いわく、保険会社の任意基準となる金額相当だったようです。しかし、知り合いが依頼した弁護士の請求額は裁判基準になるようで、入院期間・通院期間の諸々の費用も含まれていました。弁護士が介入するだけで、あっさり示談金が増額できたようです。

福岡 交通事故

弁護士選びに迷いました

高齢の姉が横断歩道でダンプカーの左折に巻きこまえて足を複雑骨折しました。保険会社との交渉をする事になったのですが、とりあえず交通事故相談所に相談しました。事故の内容や怪我の程度を説明し、相談に乗って貰いました。色々説明は受けましたが弁護士に相談してみるのも一つの方法だという事で弁護士を紹介して貰いました。 弁護士は女性で弁護士事務所を訪ねて説明を受けると、着手金や成功報酬の内容を長々とされて「随分商売熱心な弁護士事務所だな」と思いその場では依頼を保留しました。なんとなく印象が悪かったので他の弁護士への相談も考えたのですが結局保険会社と直接交渉してみる事にしました。 怪我の治療費や休業補償については割と簡単に判断できますが、問題は慰謝料や遺失利益についての判断です。保険会社の説明では自賠責基準?裁判基準まで色々な判断のパターンがあるという事でした。 保険会社には「弁護士事務所で相談している」ということは伝えました。裁判をするという事になると時間がかかるとも思ったので出来れば示談で処理したいと思いました。 何回か交渉を重ねましたが、最終的にはある程度納得できる金額が提示され、示談が成立しました。 私自身、仕事の関係で裁判に関わることが何度かあったので保険会社との交渉の段階で裁判所での話をそれとなく話していました。保険会社の担当者は「裁判まで持っていかれる」と感じていたようで、「最終的には裁判基準に近い金額を提示した」ということを示談成立後に話していました。 たしかに弁護士に依頼するのが一番安心な方法なのかもしれませんが、弁護士にも色々な人がいますので依頼の判断は慎重にすべきだと思います。今回のケースでは最終的には弁護士に依頼することなく直接交渉して示談を成立させた訳ですが、今考えてみてもその判断が正しかったかどうか自信はありません。ですが自力である程度の結果は出せたのではないかと思っています。

兼業主婦でもしっかり増額

知り合いはバイクと自動車との接触事故に遭ったため、検査入院をすることになりました。加害者側との示談交渉を始めることになったのですが、交通事故に遭ったのも初めてのことですし、相手方の保険会社の担当者の言っている内容が専門的すぎてうまく理解ができずに困惑していました。そこで、弁護士に相談することを私が提案しました。そうしたところ、すんなりと解決ができました。弁護士費用はかかりましたが、正しい慰謝料請求がされたことで納得もできたようです。交渉をするタイミングというのも、検査入院をした後、治療が終わってからでした。このことも知らなかったため、知り合いとしては日常生活に戻ってからの慰謝料請求を始めることになるということに、少し戸惑いや不安もあったみたいです。しかし、弁護士いわく、治療中に示談交渉を始めるのは避けたほうが良いとの話しでした。交渉が始まると、電話で数回ほどのやり取りがあったようですが、知り合いは兼業主婦です。なので、子育てや仕事で忙しくしていて、交渉のやり取りがスムーズに行かなくなることを事前に弁護士から助言されたそうです。示談交渉の代理人に弁護士を立てることにより、交渉がスムーズに進むだけでなく、知り合いの気持ちの面での負担までが軽減できるというメリットがありました。示談交渉にかかった期間というのは、2ヶ月程度でした。しかも、この交渉には時効というのがあるらしく、交渉開始前から時効のカウントダウン始まっていました。納得できるまでじっくり交渉するための余裕を生まなくなるため、なるべく早く弁護士に依頼すべきだとも知り、早速依頼をして示談交渉をしていただきました。依頼してみると、スピーディーな交渉になりましたし、時効のリセットができるような手続きをとることもできたようです。加害者側の任意保険会社との話し合いでは、担当者が専門用語をたたみかけてきたようで、まったく太刀打ちができなかった知り合いでしたが、弁護士が相場となる金額を計算して主張してくれたみたいで、増額交渉ができました。被害者がパートに出ている兼業主婦であったことを知り、加害者側は逸失利益を低く算定していたようです。増額できて本当に助かった交渉でした。

過失の割合についてのトラブル

知り合いが交通事故に遭いました。加害者側と被害者側で、それぞれに何パーセントの過失があるかという割合でトラブルが発生したそうです。被害者に過失の割合が多くつくと、その割合分だけ、受け取れる示談金が減額されるみたいです。被害者だからっていっても減額されるなんてことがあるなんて、知り合いも知る術がなかったみたいでした。しかも、知り合いの場合には、被害者ではなく加害者側であり、どうしたって示談金の支払いが発生するため、とにかくこの過失割合を少しでも減らすことをしたかったといいます。保険会社からも、被害者側に対して、これくらいが妥当ですと交渉してくれていたみたいです。でもやはり、被害者側からすると納得ができないのも理解ができないワケでもありません。実際、知り合いの加入していた保険会社は、被害者側の過失割合を多く考えていたみたいです。弁護士を介入させたことで、納得できる解決へと導いてもらえたという話しも聞きました。弁護士によると、事故タイプ別に基本の過失の割合があるようです。ですから、加害者となる知り合いの事故の状況を加味して修正要素を反映して算定してくれました。これもやはり、専門的な知識が必要になるので、弁護士に任せて正解だったみたいです。過去に事例もあるらしく、そこと比較しながらの交渉になりました。被害者側も、適当に合意してしまうと、手にできる示談金が減ると分かっていたみたいで、過失についても、警察との情報共有などで明確化させていました。交通事故の加害者なら致し方ないけど、被害者にもいくらか過失があるはずです。過失相殺という言葉も知らなかった知り合いは、損害賠償金を少しでも減額できる方向で交渉してほしいと相談したみたいです。知り合いの交通事故は、信号機がない交差点で、一時停止規制のある道路を直進したバイク(知り合い)と直進してきた車(被害者)の事故でした。もちろん、一時停止規制のある道路ですから、間違いなく知り合いのバイクに過失があります。しかし、車にもそれなりに安全をしっかり見極めながら道路を直進することが求められるはずだと、交渉したようでした。この内容によって、バイクの過失が65パーセント、車の過失が35パーセントで落ち着いたようでした。

停車中に当て逃げ

私は現場で職人をしているのですが、道具や荷物の積み下ろしの際に車両の後方から車が接近してきていることに気づき、道が狭かった(ギリギリ車同士のすれ違いが可能な程度の道)事もあり車を動かそうとしました。 すると加害者の方は「いけるからどいてくれ」と言わんばかりに窓を閉めたまま怒鳴りながらハンドジェスチャーで合図を送ってきました。 ドアを一度開けようとしたのですがもう一度ドアをしめて自車の前方に体をかわし、心配だった事もあり横から覗き込むような形で見ているとミラー同士が当たりました。 「当たったで!」と大声で叫ぶも加害者は事故現場から逃げるように逃走を図り、スピードを上げて交差点を曲がっていきました。 私は無我夢中で追いかけやっとのことで追いつき、当たったことを伝えると「はい?」ととぼけた態度。 流石に腹が立ち、警察の方を呼びましたが全く反省の色が見えませんでした。 事故処理が終わるとなんとか気持ちを沈めて仕事に取り掛かりました。すると右足に痛みがあり靴下を脱ぐとくるぶしのあたりが腫れていました。 一応病院で診察を受けると捻挫の診断結果が出ました。その日は仕事にならないので帰宅しましたがよく考えてみると、追いかけなかったら足を挫くことはなかったのでは?加害者の方が逃げなかったらこんなことにはならないのではないか?と思い、なんとか治療費とその日仕事ができなかった損害を加害者の方に支払ってもらおうと考えました。 ですが先に記述した通りふて腐れた感じの方なので弁護士を通して話をすることになりました。 結論的には私が足を挫いたことと、車両の事故との因果関係を立証することが難しいということで泣き寝入りする形になりました。 納得することはできませんでしたが、裁判をしてもお金と気苦労が増えるだけで得することがないからやめたほうがいいと弁護士の先生が仰ったので諦めることになりました。